読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランとらコラム

ランニング、タイガース、大相撲などのスポーツ観戦、色鉛筆画、「あっこれいい!」というモノなどについてお届けします。

窓際に置いたアンスリュームの株分け〜虫が付かず清潔なハイドロボール、根腐れ防止のミリオンA〜

こんにちは、ちいです。

昨年の秋に、「お部屋にグリーンが欲しいね」と言って買ってきたアンスリュームが春から夏にかけてグングン成長。

f:id:chiidax:20160827125321j:image
花がドンドン咲いてとても喜んでいました。

f:id:chiidax:20160827124911j:image
それがある時、伸びてくる花の色がこれまでのような濃いピンク色ではなく、白っぽくて薄い事に気が付きました。
「なんでやろ?」と思い、ネットで調べてみると、
光線不足か、根本の芽の発生部が乾いているかのどちらかが原因のよう。
窓際の明るい場所に置いているので、光不足ではなさそう。
と、言う事は芽の発生部が乾いてしまっているのかな?と思いつつ
改めて良く観察してみると、葉の付け根からたくさんの新しい芽や根が顔を出しています。
ガラス鉢の中の根っこも伸びまくりとても窮屈そう。
そこで株分けをする事にしました。

まずは、ガラス鉢からアンスリュームを出すのですが、根がガラス鉢いっぱいに詰まっていて、なかなか出てきません。
逆さまにして鉢の底を叩いたりしつつ根気よく取り出します。
全て取り出してからゆっくりと根っこをほぐしてみました。
すると、勝手に3株に分かれました。

太い根を残し、細い根っこをハサミで切って短くします。
そして100円ショップで買ってきた新しいプラスチックの器の底に根腐れ防止のミリオンAを入れ、アンスリュームを立てて周りにハイドロボールを入れました。
ハイドロボールは土よりも軽くて虫がつきにくいのでオススメ。

 
アンスリュームは、根っこが水につかっている状態が続くと根腐れするらしいので、容器の底から3センチくらいのところまで水をあげた後は、容器の水がなくなって一旦乾かいた状態になってから、また水をあげるようにしています。
透明の容器は、水の溜まり具合が確認できるのでいいと思います。
容器の底に穴があいていないので、根腐れさせない為にも水の溜まり具合を確認する事は重要だと思います。
f:id:chiidax:20160828032250j:image
植え替えて数日後、新しく伸びてきたつぼみを見てみるとつぼみの色が濃く、以前と同じような濃いピンク色のお花が咲きそうな雰囲気。

 f:id:chiidax:20160827125647j:image
ところで、これまで私がお花だと思っていたピンク色の部分は、ガクが色づいたもので苞(ほう)と呼ばれるものらしく、花は苞につつまれた棒の部分なんだそうです。

 

アンスリュームの植え替え成功です。

 \(^o^)/