ランとらコラム

ランニング、タイガース、大相撲などのスポーツ観戦、色鉛筆画、「あっこれいい!」というモノなどについてお届けします。

交番で自転車の空気入れを借りるの巻〜スイスイ進むようになりました〜

こんにちは、ちいです。

数日前から自転車のタイヤの空気が少なくなってきていて気になっていたのですが、会社から帰った時間には自転車屋さんが閉まっていたり、雨が降っていたりの日が続きタイヤに空気を入れられずそのままにしていました。

すると日に日にタイヤの空気が抜けていき、いよいよ空気を入れないと自転車が重くて進まないばかりではなく、タイヤそのものがダメになってしまいそうになったので、昨日もちょっと帰りが遅かったのですが、近所の自転車屋さんへ行ってみました。

~~が、やっぱり自転車屋さんの営業時間が過ぎていて、空気を入れてもらう事ができません。
営業時間中は「ご自由にお使いください」と書かれた看板の下に空気入れが置かれているのですが、その空気入れも既に閉まったシャッターの中。

他に2店の自転車屋さんまで自転車を押していきましたが、やっぱり営業時間を過ぎていました。
「ダメか~ぁ。」
と思いつつ家まで自転車を押して帰ろうとしたところ

!ひらめいた!
f:id:chiidax:20171024143739j:image
大げさですが、マンガのように電球が点灯する絵が頭に浮かびました。
「交番で空気入れを借りよう!」

交番でおまわりさんが自転車に空気を入れているのをたまに見かける事を思い出しました。
「そういえば交番で空気入れを借りたと言う話を聞いた事がある!」

そして自宅そばの交番で「すみません。自転車の空気入れを貸していただけますか?」と聞くと若いおまわりさんが「ど~ぞ~。」と気さくな感じで貸してくれました。

無事タイヤに空気を入れ、とっても軽くなった自転車でスイスイ走って帰りましたとさ♪

めでたし、めでたし♪♪

 

後でネットで検索したら、

交番で自転車の空気入れを借りるのはアルアルで、みんなの知ってる当たり前のことのようでした。

私も誰かが借りてるのを見たことがあったのかも知れません(笑)