読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランとらコラム

ランニング、タイガース、大相撲などのスポーツ観戦、色鉛筆画、「あっこれいい!」というモノなどについてお届けします。

第25回東京ベイ浦安シティマラソン〜参加賞にディズニーのハンドタオル〜

マラソン大会 ランニング

こんにちは、ちいです。

 
2月7日、第25回東京ベイ浦安シティマラソン10Kmの部に参加しました。
数日前の天気予報をチェックした時は、雪やみぞれのマークがチラホラ。
海沿いのコースの為とっても気になる風速も8mとチト強そう。
 
この大会は、震災前に2回走った事がありますが、ここ数年は震災の影響でハーフが実施されず参加していませんでした。
今年、久しぶりにハーフが復活すると言うことを知り、ハーフに参加するラン友でもある弟と友達と一緒に、11月にエントリー。
後で知ったのですが、大会は人気沸騰、エントリー当日に定員に達しエントリーを締切り。
 
さて当日、朝起きると気温9度、晴天、風速8m。
首都高に乗り、浦安へGO!
 
ハーフは復活しましたが、ミッキーマウスやミニーマウス達が参加する開会式は復活しておらずチト残念。
以前はミッキーマウスやミニーマウスが準備運動を盛り上げてくれ楽しかったので、こちらの復活も望みます。
でも参加賞にミッキーマウスか、ミニーマウスの柄のディズニーランドのハンドタオルがもらえる♪

f:id:chiidax:20160208214515j:plain

青が2011年の、ピンクが今回の

ハーフ、10Km共に9:00スタート!!
まずはそれぞれ別々の方向に向かって走ります。
ハーフの後半9Kmほどは10Kmと同じコースに。
トップランナーと比べると私のスピードは約2倍ノロノロのスピード。
と言うことはと、コースマップを見ながら軽~く計算。
「7Km地点よりも手前でハーフのランナーとすれ違ってしまうと、ゴール手前で抜かされるぅ~。」
「どうせならハーフの1位と一緒にゴールしちゃえば~?」
とかなんとか言いながらスタート。
 
エントリー数6500人のマンモス大会。
10Kmランナーだけでも大群。
道幅が狭くちょっとランナー渋滞。
でも、集団で走ると風の影響も少なくちょいとラクチン。
 
しばらく走ると右手に、ディズニーシーのコロンビア号。
左手に、雪をかぶった真っ白な富士山と東京ゲートブジリッジの共演♪
写真を撮りたいなと思いつつも、左膝が怪しく、、、
「ここで止まったら走り出せない気がする」と、撮影は断念。
ホテル群、ディズニーランドの裏を通り、折り返し。
「うむ。やはり左膝が痛い。」
「ちょっとスピードを落としま~す。」
ここまで併走してくれた友達とお別れ。
「グッドラック」
 
ディズニーリゾートをつなぐモノレールが通るたび、モノレールの窓から車掌さんが笑顔で手を振ってくれます。
こちらからも手を振ると、それに気づいて大きく手を振ってくれました。
 
7Km地点をちょっと過ぎたところで、ハーフのトップランナーが前から。
はっ、速い!
相変わらず左膝は痛いけど、息はまだ大丈夫。
後3Km頑張ろ。
 
フィニッシュの陸上競技場の入り口で、ブラスバンドイッツ・ア・スモールワールドの演奏と和太鼓の応援に励まされ、新しくて美しいブルーのトラックへ。
その時、
「ハーフ1位の選手が陸上競技場に入ってきます!」のアナウンス。
「きた~。」と思いつつラスト300m腕を振って頑張り、ハーフのトップに抜かれる事なく
    ゴール\(^o^)/ 

f:id:chiidax:20160208193715j:plain

f:id:chiidax:20160208193608j:plain
ポカリスエットと、ミニーマウスのハンドタオル、大会名が入った4色バールペン、Tシャツを受け取ります。
左膝が痛いけど、爽快。
達成感あり。
 
来年もこの大会には参加したいな。
カンバーック、ミッキー!
カンバーック、ミニー!
 よかったらクリックしてくださいね→